MadMapper+ENTTEC ODEでLEDピクセルラインをART-NET制御 実践編

前回MadMapperにShow-JockyのArt-Netインターフェースを接続するのを紹介しましたが今回は同じくArt-Netインターフェースでも定番中の定番のENTTEC OPEN DMX ETHERNET ODE を接続して実際にLEDピクセルライン(RGB 3ch x 20 60ch)8本 合計480chを制御してみたいと思います。

まずはENTTEC ODEを接続します。IPアドレスは2.1.1.10です。ちなみにART-NET機器は2.x.x.xというように頭2から始まるIPアドレスにいつからか決め事になったようです。

MadMapperのメニューからPreferencesをクリック。

Use Unicastがオンであれば自動的にインターフェースが一覧に表示されます。過去のいろいろが出ている場合は Clear Allしましょう。

OKボタンで抜けます。

メイン画面から電球のマークをクリックします。これで照明制御になります。
2番目のDMX LINEをクリックすると1本分の機器が追加されます。

今回はRGB20ピクセルが8本の合計160ピクセルなので

Fixture LibraryからGeneric – Pixel RGB を選び[Edit]で160 x 1にします。
先ほどのART-NETインターフェース Universeは0なのでそのまま0 Channelは1からスタートなので1でOKです。

初期のテストパターンは格子模様です。これに沿ってLEDが点灯すると思います。

左メニューからLuminosityのレベルを調整するとインテンシティー(明るさ)が変更できます。RGBの制御も同様にレベルを変更するだけでOK

さて実際に動かしてみましょう。
右側には初期状態で幾つかのパターンが用意されています。

例に左から2番目のカラーColorPatternsの左向きの三角形(矢印?)をクリック

LEDが画面のライン部分に反映されて固定で点灯します。
続いて左下メニューからSpeedを変更してみます。ぐるぐると回り出しました。これも赤ライン部分でライトが反映されてるかと思います。

Scaleを変更すると色分布の大きさが変わります。Reverseで逆転。

このようにプリセットされたネタを変更するだけで簡単にLED制御ができます。

以上1ユニバース 512ch分のLEDピクセルラインの制御を簡単に説明しました。
これを複数分のラインで構成するには複数のユニバースを使用する事で可能になります。(DMXは最大で512chまでなので)
ENTTEC OPEN DMX ETHERNET(ODE)を使用するのであれば使用するユニバース分のODEをLANハブに接続してそれぞれにユニバース番号を割り当てましょう。
または複数のART-NETポートを持つインターフェースであれば自動的にユニバースが割り当てられますので簡単です。ちなみにどちらが便利かというと設置箇所が離れているとその分DMXのラインをとり回さないといけないので複数ポートはちょっと不便かもしれません。1ユニバース分の先頭に電源ユニットと一緒にENTTEC ODEを入れてあげればあとはLANケーブルの配線だけで済みますので楽です。ただし個々のユニバースでインターフェースを設置できない場合や1箇所にラックで一元管理する場合は複数ポートを持った機器を用いる必要があります。しかしながら故障時は全てにおいて使用できなくなる可能性もあります。各ユニバース毎にインターフェースがある場合だと不良箇所のみの不点灯で済むのも最小のリスクで済むという利点ですね。
しかしながらMadMapperはとても安いのにLEDピクセルライトをも簡単に制御できてしまいます。しかも映像制御なので通常の照明ソフトのように非常に高度な知識を必要としない。これはお買い得ですね。現行バージョンではMAC,Windowsどちらにも対応しています。しかも2台のPCで使用可能。なんか宣伝になってしまいました。ダイレクト販売ですので直接どうぞ。

MadMapper

ENTTEC OPEN DMX ETHERNET (ODE)
現行は対応するプロトコルが増えたMK2となっております。

KUWATEC ETHER MX 4PORT ART-NET コンバーター 2048CH

KUWATEC EX8 8PORT ART-NET コンバーター 1Uラックタイプ 4096CH

安価な中国製インターフェース(安価ながら本家MadMapperのサイトに推奨で掲載されています)
SHOWJOCKEY SJ-DMX-E4 DMX ARTNET コントローラー 2048CH 5PIN

左の青いケースがShowJockyです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする