壁面にLED蛍光灯を取り付ける方法

壁面に蛍光灯器具を取り付けるには、配線や器具の重さなど、気にするところがたくさんありますね。もちろん電気工事も必要になる場合もあるでしょう。しかし、これを使えばだれでも簡単に取り付けができてしまいます。

コンクリートの壁ならば壁面にこんな全ネジナットはありませんか?
石膏ボードならばボードアンカーで、木材ならそのままネジ止めといったところでしょうか。どうしても穴を開けられない場合は強力な両面テープという手もありますね。ひとまずここではコンクリート壁にあった全ネジナットを利用して器具を取り付けてみます。

器具のようで器具には見えない「蛍光灯用ホルダープラグコード付

ミツヤ電器製作所(ノーベル) LED-S40 LED蛍光灯用器具 プラグコード付 40W型 片側給電用

ミツヤ電気製作所の器具
ミツヤ電器製作所(ノーベル) LED-S40 LED蛍光灯用器具 プラグコード付 40W型 片側給電用」を準備します。

こちらの器具は配線が片方からしかでていないため取り回しがとてもスッキリしています。

ここに片側給電用のLED蛍光灯をセットすれば準備はOK

1点止めで十分です。

穴が一つでもあればそこに固定してLED蛍光灯が取り付けられてしまうのがすごいですね。ここでもフィルターを巻けばまた雰囲気の違う演出が可能になりますね。

コンセントにつなぐだけですぐに点灯ができて、もっといろんな場所でも活躍ができそうな照明器具の紹介でした。