先日、パナソニック(旧松下電器産業)創立100周年を記念したところで来る翌年2019年に一つの時代を作ってきた商品が幕を閉じることになりました。http://www2.panasonic.biz/es/lighting/shisetsu/keikoto/

蛍光灯器具と言えばほとんどの日本人はパナソニックか東芝を思い浮かべるのではないでしょうか。それが東芝製品が2017年3月に生産終了になり、ついにパナソニックも終了に向かうことになりました。

1952年にプル式蛍光灯照明器具を生産開始。当時はきっと個別に電源を落とせる器具の登場に初めて「省エネ」というものを意識したのではないでしょうか。

蛍光灯が出たとき、当時の人たちはどう思ったのでしょうか。
白熱電球の温かみのある光に替わって効率は良くなったけれども涼しげな眩しい光源の登場に意見が割れたのだろうと思います。煌々とする光に嫌気を感じる人もいたのでしょうね。だから白熱派と蛍光灯派などというのもきっとあったんだろうなと思います。

それが今では蛍光灯の光が優しく感じるようになり、LEDの光はどうしても強い光に感じてしまい嫌がる人もまだいるようなので次世代のLEDが万人に優しく感じられるようになれれば本当の意味で正しい省エネが成されるのだろうかなどと考えてしまいました。

消費電力だけで見た場合、蛍光灯の消費電力が40Wだったのに対してLEDでは約20Wの半分。器具を替えるだけで電気代が半分になります。というのは大きなアピールになっているんでしょうね。でもまだLED化していない会社、店舗、企業などまだまだあるようでまだ照明の80%(2018年4月時点)はまだ交換がされていないとの試算もあるようです。ちなみに照明器具を扱う弊社もオフィスの80%はまだ蛍光灯でした。(*”▽”)
光の種類が豊富な蛍光灯の役目がLEDへとうまく引き継げる時が近い将来くるのでしょうね。その時にはLED全替えしようと思います。でもそれまではまだ蛍光灯の優しい光を使って行こうかなとも思います。

【アカリセンターで取扱い中のパナソニック蛍光灯器具商品一覧】

 【トラフ(C1・2)】
 パナソニック FSA41030U VPN9 40W用 Hf32形 笠なし器具(トラフ) 蛍光灯器具 ベースライト 1灯 ランプなし
 パナソニック FSA42019U VPN9 40W用 Hf32形 笠なし器具(トラフ) 蛍光灯器具 定格出力 ベースライト 2灯 ランプなし

【笠付(A1・AW)】

パナソニック FSA41230U VPN9 40W用 Hf32形 反射笠器具(笠付) 蛍光灯器具 定格出力 ベースライト 1灯 ランプなし
パナソニック FSA42219U VPN9 40W用 Hf32形 反射笠器具(笠付) 蛍光灯器具 定格出力 ベースライト 2灯 ランプなし
パナソニック FSA42245U VPN9 40W用 Hf32形 反射笠器具(笠付) 蛍光灯器具 定格出力 プルスイッチ付 ベースライト 2灯 ランプなし

【片反射器具】

 パナソニック FSA41231U VPN9 40W用 Hf32形 片反射笠付型 蛍光灯器具 定格出力 ベースライト 1灯 ランプなし

【逆富士V1・2】

 パナソニック FSA41038F-VPN9 40W用 Hf32形 逆富士型 蛍光灯器具 ベースライト 1灯 ランプなし
 パナソニック(ナショナル) FSA42001F-VPN9 40W用 Hf32形 逆富士型蛍光灯器具 ベースライト 2灯 ランプなし
パナソニック FSA42045F VPN9 40W用 Hf32形 逆富士形器具 蛍光灯器具 定格出力 プルスイッチ付 ベースライト 2灯 ランプなし

あと10か月ですが本当に必要な方に買っていただけるよう在庫確保して行きたいと思います。

以上、2019年3月末、パナソニックの蛍光灯照明器具が生産終了。でした。


Users who have LIKED this post:

  • avatar